受付時間/月~金10:00~19:30 土10:00~16:30 (日・祝祭日 休診)

目黒区・世田谷区・大田区で唯一の「慢性腰痛」「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」「膝の痛み」の専門整体院 もり整体院

ぎっくり腰と椎間板ヘルニアの違いとは?その見分け方をお教えします!

 
What is the difference between a tight back and a herniated disc? I will teach you how to distinguish them!
この記事を書いている人 - WRITER -

ある日突然、何かのタイミングで凄まじい激痛としびれに襲われてしまった。。。

「何なんだ、この激痛としびれは!?」

「ウッ、またぎっくり腰?でも今日は何か様子がおかしい。。。」

もしかしたら、それは「椎間板ヘルニア」かもしれません。

そこであなたは以下のように考えるのではないでしょうか?

  • 「ぎっくり腰」は何度かしているけど、今回はしびれがあって今までとは違うようだ
  • このしびれがいつまでも残ってしまったらどうしよう
  • そもそも「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」って何が違うんだろう

そこで今回は、「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の違いと、その見分け方をお教えしたいと思います。

この記事を読むことにより、治療方法の異なる両者の特徴が良く解り、今後の治療方針を決められることでしょう。

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の特徴

 Features of "Acute Low Back" and "Herniated Disc"

まず、「ぎっくり腰」の特徴です。

ぎっくり腰は「非特異的腰痛」といって、レントゲン所見上、骨や周辺組織に異常は見られませんが、「腰の捻挫」と表現されるように、腰部の筋肉や靭帯、腰椎椎間関節の関節包などに傷が付き、炎症を引き起こし、激痛を発症させます。

次に、「椎間板ヘルニア」の特徴です。

椎間板ヘルニアは、レントゲンでは見えにくいのでCTやMRI診断に回されることが多く、CTやMRI所見上、「椎間板の後方への突出」や「髄核の漏洩」が確認でき、急性期の場合、神経・周辺組織に炎症を引き起こし、激痛を発症させます。

簡単に言うと、ぎっくり腰は「腰の捻挫=ケガ」で、椎間板ヘルニアは「椎間板の変形=ケガではない」と表現できます。

ただし両者とも急性期の症状として、炎症を引き起こし、共に激痛を発症するという点では酷似しています。

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の見分け方

 How to distinguish between "acute low back" and "herniated disc"

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の見分け方は、次の①~③で確認できます。

腰部以外(お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先)に痛み・しびれがあるか、ないか

「ぎっくり腰」は「腰の捻挫=ケガ」なので、激痛箇所は局所的で、腰部だけに限定されます。

一方、「椎間板ヘルニア」は「椎間板の変形=ケガではない」ので、腰部に激痛は発症しますが、腰部以外にも、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先のいずれかに、痛み・しびれが発症します。

例えると、「川の上流と下流」です。

椎間板ヘルニアが発生してしまった腰の患部が「川の上流」で、腰部より下にある、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先が「川の下流」です。

「川の上流」が汚染されると、「川の下流」も一緒に汚染されてしまうイメージです。

前かがみになると痛み・しびれが増強するか、しないか

この確認方法は、激痛が発症した初日から2~3日経過した後にやって欲しいのですが(発症直後には、痛すぎてこの方法はできないので)、もし前かがみになって痛み・しびれが増強したら「椎間板ヘルニア」である可能性が高いです。

理由は、痛み・しびれを伴う椎間板ヘルニアの大半が「後方への突出・漏洩」なので、前かがみになると、椎間板ヘルニアが更に後方に追いやられ、神経への圧迫・炎症作用を増強させるからです。

単なるぎっくり腰であれば、前かがみになって極端に痛みが増強することはありません。

症状が出ている期間が短いのか、長いのか

「ぎっくり腰」の場合、あくまで「腰の捻挫=ケガ」なので、皆さんも一度は経験したことのある「足首の捻挫」と同様に、正しい処置が行われていれば、激痛は2~3日で収まり、長くても1週間以内には終息します。(期間が短い)

一方、「椎間板ヘルニア」の場合は、「ぎっくり腰」の治癒期間と比べると、時間が比較的長く掛かり、腰部の激痛が収まるのに約1週間、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先の痛み・しびれが軽減するのに約1ヶ月~2ヶ月ほど、普通に生活できるようになるのに約2~3ヶ月ほど掛かります。(期間が長い)

 

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の密接した関係性とは?

 Close relationship between "acute low back" and "herniated disc"

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」には非常に密接した関係があり、「ぎっくり腰」を繰り返すうちに「椎間板ヘルニア」に発展する可能性が高く、当院の臨床経験上、非常に多いケースです。

理由は、「ぎっくり腰」を繰り返すと椎間板に傷ができてしまい、それが亀裂に拡大し、結果的に「椎間板の後方への突出」や「髄核の漏洩」まで発展してしまうからです。

イメージで表現すると、「悪い姿勢の習慣化 → 慢性腰痛 → ぎっくり腰 → 椎間板ヘルニア」という悪い流れがあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の特徴は、

  • ぎっくり腰は「腰の捻挫=ケガ」、椎間板ヘルニアは「椎間板の変形=ケガではない」
  • 両者とも急性期の症状として炎症を引き起こし、共に激痛を発症するという点では酷似している

です。

また「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の見分け方は、

  • 「ぎっくり腰」は腰部だけに激痛がある
  • 「椎間板ヘルニア」は腰部以外に、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先に「痛み・しびれ」がある
  • 「椎間板ヘルニア」は、前かがみになると痛み・しびれが増強する
  • 「ぎっくり腰」は通常2~3日、長くても1週間以内に激痛は収まる(期間が短い)
  • 「椎間板ヘルニア」は、腰部の激痛が収まるのに約1週間、お尻・太もも・すね・ふくらはぎ・足首・足先の痛み・しびれが軽減するのに約1ヶ月~2ヶ月ほど、普通に生活できるようになるのに約2~3ヶ月ほど掛かる(期間が長い)

です。

そして「ぎっくり腰」と「椎間板ヘルニア」の関係性は、

  • 「ぎっくり腰」を繰り返すうちに、「椎間板ヘルニア」に発展する可能性が高い

です。

激痛が発症した直後の症状は酷似していますが、メカニズムは「似て非なるもの」です。

「ぎっくり腰」だと思って治療していても、もし「椎間板ヘルニア」だったら、その治療法だと症状は改善しません。

この記事を良く読んで、ご自身の症状が「ぎっくり腰」なのか「椎間板ヘルニア」なのかを正しく判断して、今後の治療にぜひお役立て下さい。

【追伸】

もしご自身では判断が難しく、どのように対処すれば良いかお悩みであれば、一度お近くの専門家に相談するのも良いと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です